クラミジアは何科を受診?女性の場合は婦人科が最適

性病にはいろいろな物がありますが、10~20代の若い女性が感染しやすいのがクラミジアです。

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌が原因ですが、そもそもこの細菌は以前は目によく表れたものです。しかし最近では水道水の普及で清潔が保たれるようになり、あまり発見されなくなりました。

ただ以前、女性の子宮けい部、男性の尿道には繁殖しやすく、性器やのどに感染するとさまざまな症状を引き起こします。

たとえばオーラルセックスによってクラミジアがノドに感染し、かぜのような症状を引き起こしなかなかよくならず何科を受診すればいいのか分からないときがあります。

ノドが炎症し風邪薬をのんでもちっともよくならず、では今度はどの病院の何科を受診すればいいのか、そもそも自分は何の病気なのか分からず治療が後手に回ることもままあります。

たとえば女子の場合、婦人科健診でガン検診と合わせて検査してみたらたまたま感染が見つかったということよくあります。

というのもこの病気は潜伏期間が長く、自覚症状がなかなかでないため、感染したことがあまり自覚できないからです。それに最近では不特定多数の人と性交渉する相手から、性交渉し不幸にも感染してしまった場合もあります。

性器に感染した場合、何科を受診したらいいのかというと、女性の場合婦人科となります。

進行するとおりものが増えたり、悪臭がしたりしますし、さらに子宮、腹部に感染すると激しい痛みが生じる場合があります。

ときには不妊症となる場合があるので、1度検査しておいたほうが無難です。

もしクラミジアに感染していることが分かったら、マクロライド系の抗菌薬を2週間ほどのんで治すことができます。

のみきったら完全に菌が撲滅したかを調べ、2次感染しないように注意する必要があります。

ページトップへ