クラミジアの病期と予防について

クラミジアとは、クラミジアトラコマチスという病原菌がもとなる性感染症になります。病気が進行してしまうと男女共に不妊の原因となってしまうこともあります。
クラミジアの感染経路としては、性行為のほかに、オーラルセックスやキスなどの粘膜によって感染してしまいます。感染部分は咽頭、男性の尿道、女性の膣内、直腸に接触することによって引き起こされます。
病期の期間は感染後数週間で発症しますが、そのうち約80%は無症状とされています。症状がある病期は男性の場合、尿道から痛みを伴う場合がありながら透明な膿が出始め、女性の病期としてはおりものが増えることがありますが自覚症状は乏しいのが特徴です。咽頭に感染した場合は喉が痛くなり痰が増えたりしますが、無症状の場合もあります。
このような病期の期間に治療せずに放置していると、体の深い部分まで病原菌が進行して、男性の場合は尿道を経由して前立腺炎や精巣上体炎、肝炎などになることがあり、女性の場合は急性腹膜炎や子宮頚管炎、子宮内膜炎などのほか子宮外妊娠や不妊の原因となってしまうのです。
このような病気にならないためには、まず予防することが重要となります。どの性行為感染症を予防するための最大の予防策としては禁欲が上げられます。次善策としては、不特定多数との性行為を行わないという自衛策のほか、コンドームを着用することによってある程度の予防をすることはできるようになります。しかし、コンドームの予防は100%ではなく、口から口へ感染してしまうことも考えられます。
100%感染を防ぐと言うのは難しいため、少しでも不安を感じたら検査キットを購入してセルフチェックを行うか、病院で検査してもらうことが大切です。

ページトップへ