クラミジアとその他の性病の関係と鼻血について

日本で多いとされる性病はクラミジアや梅毒ですが、HIVも年々感染者が増えているので世界的にも注意が必要な地域の一つになっていますが。クラミジアの感染が増加している背景としては若い世代の性病に対する知識が少ないことがあるので、自治体の保健所などでは性病の無料カウンセリングを毎月行うなどして啓蒙活動をしているのですが、実際にクラミジアの症状がなければ検査を受けない若者が多いので、発見した時にはすでに重症化している感染者が多いとされています。またクラミジアや梅毒、HIVに関してはインターネットで購入することができる検査キットを使用すると手軽に検査をすることができるので、疑わしい症状が出た場合には病院を受診する前に検査をするのが一般的になっています。鼻血は小鼻の部分に細い血管が破損することで出血するものなので、小鼻の部分を圧迫することで止血することができるのですが、病院を受診するよりも応急処置をして鼻血を止めることを優先することが大切なので、適切な処置方法を身につけておくと鼻血が出た時に安心して止血をすることができます。様々な要因で鼻血が起きるのですが、高血圧や動脈硬化を改善するための薬を服用していると血液が固まりにくくなるので鼻血を出しやすくなるとされています。性病は血液からも感染するものが多く、とくにHIVは血液や体液から感染するので出血をした場合には注意をしなければなりません。クラミジアや梅毒などは基本的には粘膜からの感染が多いのですが、ごくまれに温泉のタオルなどで感染することがあるとされていて、目の中にクラミジアが侵入すると結膜炎になるので、セックスをしていなくても感染する可能性があります。

ページトップへ