男女別に違うクラミジアの症状

クラミジアとは、クラミジア・トラコマティスという微生物によって引き起こされる感染症で、性感染症の中でも最も多い病気です。感染しても、男女とも気づきにくいのが特徴ですが、具体的にどのような症状があるのでしょうか。
クラミジアの影響が深刻なのは女性の方です。なぜなら、不妊症や子宮外妊娠の可能性が出てくるからです。子宮や膣に感染しますが、約半数の人には自覚症状が現れないため、気づいた時には何年も経過している場合もあるのです。
主な症状は、おりものが増える、性交痛や不正出血などです。濃い黄色のおりものが出ることもあります。これが卵管や子宮内膜だけでなく、腹腔内にも感染が広がると、下腹部に痛みが出てきたり、さらに進行すると肝臓にも炎症が起こってしまいます。こうなると激しい痛みに襲われて緊急搬送されるケースもあるのです。
また、母親がクラミジアに感染していると、出産時に赤ちゃんが産道を通る時に感染してしまい、肺炎や結膜炎を起こす可能性も出てきます。
男性の場合は淋病や尿道炎と比べても排尿痛は軽く、自分ではなかなか気づきません。症状としても、尿道に不快感や軽い痛みがあるくらいです。尿道を圧迫した場合には粘り気のある分泌物が出ることもあります。
女性にとっては妊娠、出産、さらには赤ちゃんにまで影響を及ぼす可能性があるので早期発見、治療が大切です。自覚症状が乏しいゆえに見落とされがちですが、少しでもおかしいなと感じることがあればパートナーと一緒に検査を受けてみてください。自分でも気づかぬうちに、どんどん感染を広げていく可能性があります。投薬治療で完治する病気ですから、怖がらずに、まずは病院に足を運んでみましょう。
■おすすめサイト
ジスロマック 通販
性病の薬について
フロリードDクリーム

ページトップへ